ベジセーフで残留農薬の危険性を排除!!これで安心。

ベジセーフで残留農薬の危険性を排除できます。農薬の危険性とその除去のためにベジセーフを紹介するサイトです。

ベジセーフで対策!残留農薬の危険性

日本は高温多湿の気候であるため害虫が発生しやすく
そのため安全で質の良い農産物を生産するためには
農薬を使わざるを得ないのが現状です。

 

ですので、法律で厳しく管理したり、品質の改善に努めたり
農薬を安全に使用するための努力がなされているのは確かです。


しかし、残留農薬の問題は100%安全だとは言えない限り
消費者の立場では決して安心できるものではありませんよね。


残留農薬が付いた作物を食べたからといって、すぐには症状が出ることはないでしょう。(化学物質にアレルギーのある方は敏感に反応することも・・)
しかし、 毎日食べ続けることで、体の中に蓄積されるともいわれています。


蓄積された農薬が、将来的に農薬中毒症を引き起こさないという保証もないし、
直接の原因にはならないとしても、、疾病の原因になることもあり得るのです。


残留農薬の危険を予防するために食品に残る農薬の量に基準を設けているともいわれますが、これもまた、大人の体重を基準にしたものであるため、体重の少ない子供への影響はどうなんだろうと心配になります。

 

それならば無農薬野菜や有機農野菜を使えばよいのではと思うかもしれませんが、実はここにも不透明な部分があり、

日本で有機栽培と表示されるものには日本での使用が認められた農薬が使われている場合があるということや

前年度まで農薬が使われていた土壌で栽培したとしても栽培中に農薬が使われていなければ無農薬と表示できるととなど、


私たちを取り巻く残留農薬の問題は、農業従事者不足という問題も重なり、すぐに解決できるものではないようです。

 

こうなっては、家庭で使う野菜や果物の農薬は自分で落とすしかないと思うのも当然です。

 

そのために重曹につけてみたり、熱湯をかけてみたりといろいろ対策を立ててみるわけですが、最近 主婦たちの間で話題になっているのが、野菜洗いの専用水【ベジセーフ】です。

 

このブログでは、ベジセーフについて少し紹介していきたいと思います。

 

⇒ベジセーフについて

 

 

農薬から放射性物質まで除去する野菜洗いの専用水

 

残留農薬の除去は家庭で行うというのが、

これからの日本の食卓での常識となっていくのでしょう。

 

ベジセーフは、野菜洗いの専用水として農薬から放射性物質、食中毒菌の除去まで

幅広く使えることからお母さんたちの間で評判になっています。

 

ベジセーフは洗剤ではなく野菜洗いの専用水なのですが、

これは99.9%が純水で0.1%が炭酸カリウムが含まれた

アルカリ性水素水だからなんです。


はじめに炭酸カリウムについて説明すると

これは、植物性由来のもので豆腐やこんにゃく、

あるいは麺の冠水に日常的に使われいる添加物。

だから小さいお子さまがなめても安全なものです。


このアルカリ性水素水の中のマイナスイオンが、

農作物の表面についている農薬や有害物質のプラスイオンにくっつくことで
マイナスイオン同士が反発しあい、速やかにひきはがすという働きをするのですね。


だから、ごしごしと洗ったりすることもなく、さっと水洗いするだけ。
無駄に栄養分を落とさずにも済むんですね。


また、ベジセーフのPH濃度の中では微生物が生育できないことから

大腸菌サルモネラ菌などの食中毒菌も除菌可能。

食中毒対策にもなります。

 

このように、農薬から食中毒対策まで広く活躍できるから

ベジセーフは今注目されているのです。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

ベジセーフの購入はここがお得です。

ベジセーフのはマツキヨやドンキホーテなどの店頭では販売していないので、
通販サイトで購入してください。

Amazon楽天でも購入は可能ですが、最安値で買うのなら
公式サイトですね。


公式サイトでは
毎月お届けコースで申しこんで購入すると、
初回価格が54%も安くなります。

 

定期コースといってもありがちな
回数のお約束はないので、
初回だけお試しに購入して解約してもいいんです。


また、特典として
20日間の全額保証もあるので、
これを利用することもできますよ。


ベジセーフを単品で買うよりもお得なので、
公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ